風の里山  薩摩いなか暮らし 

アクセスカウンタ

zoom RSS 薩摩の10月 ・・・花

<<   作成日時 : 2011/10/25 22:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

10月は、ここ薩摩も 秋の花が楽しめる。

まずは何と言っても彼岸花である。
多分、全国どこの田舎でも秋を知らせる代表的な花に違いない。
あの100万本の彼岸花が咲き乱れる埼玉の巾着田とは比べようもないが、田んぼのあぜ道や土手のあっちこちに真っ赤な彼岸花が咲いている。
彼岸花は、夏、草刈り機で何回も葉っぱを刈り取られても、9月になればニョキニョキと花芽が顔を出す。
土深くに埋まった球根が強い生命力を持っているのだ。
彼岸花の毒を嫌って、モグラやネズミが近寄らないため、農家にとって有益な植物であるらしい。

  土手に咲き誇る彼岸花
画像



秋の花コスモスと言えば、山口百恵の秋桜(コスモス)を思い出す人も多いに違いない。

 ♪ うす紅の秋桜が秋の日の何気ない陽だまりに揺れている・・・
  ・・・ありがとうの言葉をかみしめながら生きてみます私なりに・・・♪


嫁ぐ日を迎える せわしさの中で、これまで何気なく過ごしてきた”日常”に、家族の幸せがを溢れていたことに気付く。 そして、感謝の想いとともに 自分もそんな”日常”に溢れた家庭をつくりたいとの決意をする・・・ という<さだまさし>の詩である(・・・と解釈しているのだが)。
さだまさしにとって、「何気ない陽だまりに揺れているコスモス」は、ごくありふれた日本的”日常”の象徴そのものである。
昔からコスモスの花は、日本を代表する”秋の日常”の一つである。

最近、コスモスは緑肥として田んぼに植えられたりしている。
下手なコスモス園よりもはるかに豊かな花を咲かしている道路脇の田んぼがある。


  田んぼに咲き誇るコスモスの花
画像




  柳山アぐリーランドの花壇
画像


  柳山アぐリーランドのサルビア
画像




我が家の畑の土手にも名前を知らない花が咲いている。
やっと慣れてきた”恐怖の草刈り機”で払った後の土手に何種類もの花が顔を出している。
野の花はどれも自己主張が控えめで、可憐で、ひそやかである。
インターネットの「野の花図鑑」で名前を調べてもよく分からない。

 名前しらない小さな花
画像


 野の花に冬仕度のハチが飛び交っている
画像



我が家の花は、というと・・・・
  思い切りガーディニングを志しているのに、まったく手が回っていない。
今は、荒れ果てた庭や畑の整備で手一杯だ。
何より、全体をどのように設計するのかが固まっていない。
畑作りをどうするか? 果樹園に何を植えるのか? どこにどんな花木を植えるのか?
何を楽しみの原点にするのか、コンセプトが必要だと思う。
スケジュールを立てて、少しずつ歩きたいと思う。

焦らず、テゲテゲに!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
薩摩の10月 ・・・花 風の里山  薩摩いなか暮らし /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる