アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「D・I・Y」のブログ記事

みんなの「D・I・Y」ブログ


庭つくり、試行錯誤

2012/06/24 12:20
梅雨のわずかな晴れ間を見つけては野良仕事に精出していますが、
やんなきゃいけないことが一杯あって どれも中途半端な状態です。
庭をキチンと仕上げたい、畑を充実したい、庭木の剪定をしなきゃ、草もドンドン伸びているので刈んなきゃ・・・・
 ですが、梅雨と草には勝てそうにもありません


■車時代にあったアプローチつくり■

我が家は山の斜面にあって、息の上がる急な坂を登って門にたどり着く・・・ そんなロケーションになっています。 昔は、ヨイショヨイショと一歩づつ登った坂道ですが、今では車でスイ〜と登れる時代になった。 
だが、どう見ても車の出入りが窮屈で閉鎖的な門構えのアプローチである。


下の写真がアプローチの概観です
画像

門につながるアプローチは、両側をブロック塀に挟まれている。
右側のブロック塀の内側は、純和風の庭になっていて、ゆすの木の間に大きな石があって いじることが出来ない。 
左側のブロック塀は、素人でも手を加えられそうだ。

このアプローチを内側から見ると、こんな感じです
画像

車の轍跡と門柱がくっつきそうになっていて、窮屈さが見てとれる。
また、ブロック塀に視界をさえぎられて、せっかくのサツキの群生が目に入らないのも もったいない!
これを取っ払うと解放感が生まれてくるのではないか?



[1] と言う訳で、ブロック塀を取り除くことにした

最初は、グラインダーで切り込みを入れて取り外そうと試みた。 
だが、表面に浅い切り込みが入るもののあまり効果がない。

次いで、大型ドリルにコンクリート用ビットを付けて、ブロックの接続部分に穴をあけて取り外すことにしたが、手間がかかって時間がかかってやってられない。


そこで、平タガネをブロック接続部分にあてがって、ハンマーで思い切り叩いてみた。 
画像


何回か叩くと、何と、きれいにヒビが入って手で取り外せるではないか!
ヤッター!  ヽ(^o^)丿
これで、ブロック塀の取り外し作業は楽になった。


ブロックの上部2段を取り外したら、下写真のように随分スッキリとなった。

画像


だが、門柱の出っ張りがどうしても気になる。
このままでは車の出入りにも影響するに違いない。


[2] と言う訳で、門柱を取り除くことにした

画像


門柱は、コンクリートの土台の上に、6段の石材型ブロックが積んであって、テッペンに平たい石材が乗っかっている構造だ。

テッペン石材は、ブロック塀と同じ方法で楽に取り外しができた。
上の2段も同様の方法で何とかなったが、3段目から下、基礎部に近づくに従って強固な構造になっており、[平タガネ+ハンマー]のやり方では通用しなくなった。

ハンマードリルで数ヶ所の穴をあけ、ハンマーで叩いて壊すことにした。
この方法で一段づつ取り壊していったが、最下部の基礎土台はコンクリで固められ頑丈だ。
それよりも、ここまでくると もう疲れてしまった!  (-_-;)
難敵の基礎土台は、暇な時に少しずつ壊してゆくことにしよう・・・と

門柱がなくなって、入口のサツキ群、梅の木、奥のイヌマキなどと一体感が生まれて、広々と見える。
解放感を感じる



だが、今度は、(門柱のあった脇の)バラの古木が やけに目につくようになった。
和風の植栽の中では どうも場違いの存在感だ。

[3] と言う訳で、バラの古木を移植することにした

ピンクの花を楽しませてくれるバラの古木は、ブロック塀と門柱と池のコンクリートに挟まれて根を張っている。
うまく掘り出して移植できる自信がなく、最悪の場合、挿し木で子孫を残すしかないと思ったのだが、大きな根を1本カットするだけで掘りだすことができた。
バラは丈夫なので、うまく根付いてくれるに違いない。 良かった!


門柱がなくなり、バラの古木がなくなって、アプローチがスッキリとして広々となった。
画像


内側から眺めても 良い感じだ!!
画像

画像


だが、ここまで来ると、電柱が邪魔だ!
電柱を取り外したいが、こればかりは自力ではできない。
梅雨が明けたら、九州電力に電柱移転を申し込もうと思う。

それが実現したら、また次の課題が出てくると思う。
庭作りは、試行錯誤の連続です。
だが、これがまた楽しい!!



記事へ驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 0


ミツバチ一家の住まいを新築しました

2011/10/20 22:19
ミツバチ一家がやってきて約半月、家族のような存在になり始めている。
我が家では、親しみを込めて彼らのことを”マーヤ”と呼んでいる。


手探りでマーヤと接しているが、先生はインターネットである。
インターネットを検索すると、世の中にはミツバチに凝っている人達が結構いるのがわかる。
多くの養蜂家先輩達が、いろんな失敗談や成功談を教えてくれるので ミツバチ飼育の概要はわかってくる。

・・・ インターネットで教わったのは ・・・

ミツバチは住まいが気に入らないとすぐに逃亡してしまうらしい。
クマ蜂や スムシが天敵で 嫌になって集団脱走することが多いらしい。
何年も巣箱が空っぽになり、また、突然住みつくことがよくあるらしい。
ミツバチと末長く仲良くするためには、まずは快適な住環境を提供することが大事らしい。

我が家で最初に提供した住まいは、材質がつるつる化粧板の<物入れ>に出入り口を無理やり取り付けたシロモノで、すぐに愛想をつかされるに違いない住まいだった。
彼らが「永住しても良いな」と思う、快適な巣箱に転居させる必要があった。
それも出来るだけ早く!  逃げ出してしまう前に、早く快適な巣箱に!!


■ミツバチが好む巣箱は、 @表面を加工してないザラザラの質感で、 A外の温度を遮断できる程良い厚みのある、 B生木のような きつい臭いのしない・・・・ と言った自然に近い木製の巣箱が良いらしい。

■人間の立場から管理しやすい巣箱は、 @大きすぎず、小さすぎず、 A蜂蜜を取り出し易い(たとえば重箱のような分離できる)構造で、 B定期的な巣箱掃除がしやすい構造 ・・・・ が良いらしい。

この条件にあった(?)巣箱を作成した。
インターネットで検索した、先輩諸氏の巣箱作成方法を参考に、重箱型の巣箱にした。



ミツバチ君がやってきた翌翌日、
10時の開店時間を待って、ホームセンターの<コメリ>に木材を買いに走った。

  *一枚178円の杉板 (幅10.5cm×長200cm×厚1.5cm) を6枚購入
  *一枚296円の1×4材 (幅8.9cm×長183cm×厚1.9cm) を2枚購入
しめて合計金額: 1660円なり

その日の内に新居に移転させようと、シャカリキになって夕方には完成した。

出来上がったばかりの新しい住まいの全景
画像




気温の低い朝や 薄暗い夕方はミツバチ君達の行動は鈍いので、
完成するや、薄暗い中で強制転居を行うことにした。

捕獲時と同じように洗濯網をかぶって防衛対策をしてから巣箱の中を覗くと、
かわいそうに棚の下側に、体を寄せ合い丸い固まりになっていた。

捕獲時と同じように網ですくって、新しい巣箱に強制転居させることにした。
ブヲーンと少し怒ったような音を立てていたが、手早く移した。
大勢のハチ達が、新旧の巣箱の周りを飛び交っていたが、次第に静かになった。
どうやら女王バチと一緒に、全てのミツバチが新しい巣箱に納まったらしい。


それから約半月が経過した。
今のところ ”マーヤ” とは良い信頼関係にあると自己満足している。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

巣箱作成に当たって、心したのは、

 @外気を遮断できて丈夫で壊れないこと 
 Aハチミツの採取がしやすいように3段の重箱式にする 
 B管理しやすいように
    ・全体をはめ込み式構造にする
    ・下段の前面をトビラ式にして中の様子把握しやすく
    ・底を引き出し式にして掃除を簡単に
 

自分なりにイメージを固めるために、簡単な絵を作成した。

画像




おおよその作成手順を写真でご紹介します。

まず巣箱の内枠を作ります
画像


外枠をつけたものを3組作成
内枠に外枠をはめ込む構造になっている。
そのことで厚さ1.5cm杉板を2枚張り合わせ構造になり、外気遮断に強くなる。
画像


ミツバチは、巣箱の上部から蜜をため込む習性がある。
蜜を採取する時、ハチ君の食事用に必ず1/3以上を残しておくが、
蜂蜜が落っこちないよう支えるための針金を十字に取り付けておく。

3つの重箱それぞれに針金で十文字を取り付ける
画像



3段重ねた巣箱の中はこんな感じになります
画像


一番下に、ハチの出入り口を作ります
画像



記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


<DIY> エクステリアを17年ぶりに作り直した

2011/06/05 23:52
駐車場の入口を覆うエクステリアは、家を改築した17年前に日曜大工で作った。 
作って何年かは白ペンキを上塗りし、ビシッと決まっていたのだが、だんだん面倒になってほったらかしていたので、ところどころペンキがはげ、腐食したところもあり美観を損ねている。 田舎暮らしで家を空けてる間、ますます腐食が進んで みっともない姿になるのは忍びない。  思い切って作り直すことにした。


1.ホームセンターで材料を買ってきた
  ・ツーバイフォー用木材(3.8cm×18cm×365cm) を6本購入した。
ちょっと値段が張るが、今度は長持ちするように防腐剤を塗ってある物を購入した。 1本1本が重くて、いかにも丈夫そうだ。

画像



2.仮組をしてみる
  ・コンクリート塀に仮置きして、全体のバランス調整をして、木ネジで固定する。

画像


画像



3.白ペンキを塗り、花を飾る
  ・防腐剤を塗ったままの色合いも良いのだが、これまでの白ペンキに17年も慣れ親しんでいたのでどうも落ち着かない。
  ・やはりこれまで通りに白ペンキを塗ることにした。
  ・スミレの花を置いて完成だ。

画像


新しくなって、スッキリして、白色が目に映えて良い感じになった!
これで しばらくほっといても大丈夫だ。

  でもでも肩が痛い!!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いつも余震で揺れている・・・家具転倒防止具を作った

2011/04/13 01:17
昨日(4/11)の福島を震源とする地震はM7と大きく、千葉でも震度4の大揺れだった。 放射能問題で追い詰められている福島のみなさんの不安はいかばかりかと思う。 一方、風評被害に対抗する支援の輪も広がっている。 明日まで、新橋では ”『がんばっぺ!いわき』いわきの野菜を新橋SL広場で販売!”を開催しているらしい。 私も金曜日に新橋に行く予定があるので、ニュー新橋ビルの<いわきアンテナショップ>で買い物しようと思っている。  ガンバレ東北! ガンバレ福島!

今日は千葉も余震が続いた。 このところ、いつも体が揺れているような錯覚がしている。 
私の家では3/11の地震で茶ダンスの上に置いていたポトスの花瓶がドーンと落ちてきたが、今日も茶ダンスはガタガタ大揺れだった。 このままでは中の食器が落ちてくる恐れがあり、対策を急ぐ必要がある。 午後から茶ダンスの転倒防止具を作ることにした。 当初は金属パイプか、ワイヤーで固定する案を考えたが、木で手作りすることにした。 出来上がりが下の写真です。 美観的に課題があるが、今後長期に家を空けるので、確実な転倒防止が実現できることが一番だ。


画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


トップへ | みんなの「D・I・Y」ブログ

風の里山  薩摩いなか暮らし  D・I・Yのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる