アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「街中暮らし」のブログ記事

みんなの「街中暮らし」ブログ


感謝をこめて「幸せのボール」を!

2013/03/23 21:21
千葉での3ヶ月間の街中暮らしを終え、2月末から薩摩田舎暮らしに浸っているのですが・・・・ 千葉での子供達とのふれ合いをアップします


画像


3月17日に子供会ドッジボール部の納会があって、今年も“幸せのボール”を卒業生に渡しました。 毎年、卒業記念に子供達の名前を書いたボールを渡していましたが、今年は納会に出席できなかったので、それぞれのお母さんから我が子に渡してもらいました。 

今年のボールには、@二つの❤マーク、A一輪の、B「」の中のダイヤモンド(ガラスビーズですが)、C「感謝」の言葉 をちりばめてあります。

画像


--------- こんなメッセージを一緒に渡しました ------------

あなたの夢がかなうことを願って、幸せのボールを贈ります
このボールは、ドッジボールの想い出と未来への希望がつまった魔法のボールです

あなたの名前の上に光っている❤マークは、あなた自身です。このには、「自分を大切にして欲しい」との願いを込めてあります。 より良い自分を目指して、「どんなことにも喜んで挑戦する」あなたであり続けて欲しいと願っています。

名前の近くにあるもう一つの❤マークは、あなたを応援している家族や仲間です。 このには、「家族や仲間を大切にして欲しい」との願いを込めてあります。家族や仲間の気持ちを理解し、信頼に応えようと努力するあなたであって欲しいと願っています。

かわいい一輪の花があります。 このには、「愛される人になって欲しい」との願いを込めてあります。 やさしくて親切で、誰からも愛され、生き生きと楽しい毎日が送れる、あなたであり続けて欲しいと願っています。

夢の中にダイヤモンドが光っています。 このダイヤには、「夢にきらめいて欲しい」との願いを込めてあります。 どんな夢でもいい、キラキラ輝くあなたであって欲しい。

「感謝」と書きました。 「ありがとう」の多い人は、たくさんの友達に囲まれています。 夢を実現するために、感謝の心に溢れたあなたであって欲しいと願っています。

あなたには、希望にあふれた人生が待っています。  でも、もしも、つらい時があったら、 この幸せのボールを手に取ってください。 そして、ドッジボールが好きだった子供の頃のあなたは、いつもワクワクしてて、キラキラ輝いていたことを思い出して下さい。 きっと、勇気がわいてくるはずです。このボールは、あなたを元気にしてくれる魔法のボールです。

自分自身の幸せと同じように、周りの人の幸せを願い努力するあなたであってください。
そんなあなたにはきっと、素晴らしい未来が待っています! 

画像


-----------------------------------------------

このメッセージに加えて、子供達1人ひとりに「あなたへの応援メッセージを書いて手紙風にしたため渡しました。 一人ひとりの顔を思い浮かべ、頑張ったシーンを思い出し、性格を想像して メッセージを作りました。

この幸せのボールつくりは、今年は子供の数が多かったので、なんだかだと1ヶ月半ほどかかりました。


名前入りのボールを卒業生に手渡す行事も 23年目になります。 これまで何人の子供達に渡したのか定かではありません。 一番最初にボールを渡した子供は、今年36歳になります。 改めて時間の長さを感じます。

20年前は、子供の名前とチーム名と日付を書くだけのシンプルなデザインだったが、最近はカラフルな可愛いデザインに仕上げています。 そうなったのは、もらったボールを部屋に飾って時々手に取っている子供がいるとかの話が耳に入り、「子供の大切な思い出にしてもらえるように!」との願いを込めて丁寧に作るようになったからです。

画像


特に今年は、女の子ボールは“あでやか”に、男の子ボールは“元気よく”をイメージしてペインティングし、我ながら良い出来になったと自画自賛しています(笑)

ボール自体が、赤、黄、青、緑、オレンジと多彩で、それを丸いキャンバスに見立てると、ペインティングの色も組み合わせが必要になります。 いつのまにかペンの種類も増えることになります。

そして、今では合せて70本を超えるほどになっています。
普通のマジックに加えて、蛍光ペン、ラメ入りペン、デコレーションペンなどなど、又、太書き用、極細書き用などなど、ゴム製のボールに書き込めるペンのほとんどがそろっていると思います。
画像


・・・ 横道にそれますが ・・・・・
昔は、近所のダイエーや少し大きな文具屋さんで大抵のものが手に入った。 最近はこうしたお店の筆記用具は通り一遍のものしか置いてなく、だんだん品ぞろえが貧弱になってきたように思う。スーパーもホームセンターも文具屋さんも画一的な品揃えになっていると思う。 天下の銀座・伊東屋ですらこの分野での優位性はあまりない。 よそと大して変わらない。 町の文具屋さんが閉店に追い込まれるのは避けられないと思う。 
最近では、品ぞろえが充実して、希望に近いペンが手に入るのは東急ハンズぐらいかもしれない。これも一極集中の時代の流れなのか??  ・・・・・


子供会のドッジボールに関わって、26年になります。

永年、子供達と関わってきて、彼らから、元気と純粋な気持をもらい続けていたように思います。 ドッジを通して、地域に多くの友人を得ることができました。
ありがたいことだと思います。

画像

今年のボールには、「ありがとう!」の気持一杯の子供になって欲しいとの願いを込めて「感謝」と書きました。 

でも、何よりも、自分自身の感謝の気持ちを込めました。
ドッジの子供達やお母さん達やお世話になってきたみなさんへのありがとうの気持を。
感謝の気持ち一杯です!





記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4


5億円の宝くじが発売になった

2012/02/27 15:29
友人からランチに誘われて銀座まで出向いての夕刻、帰途、地下鉄日比谷駅までブラブラ歩いていたら、行列に出くわした。

かの有名な宝くじ売り場・西銀座チャンスセンターである。
ジャンボ宝くじ一等当たり本数が全国一多く出ることで有名な売り場だ。
全国から買いに来るらしいが、あの行列をみると本当だろう。

長蛇の列な最後に、待ち時間表示は「45分」になっている。
みなさんの我慢強さというか、夢の強さに感嘆〜!です。

画像

画像


窓口は混雑して警備員も汗だくだ。

画像



圧倒的な人気の1番窓口

西銀座チャンスセンターには、販売窓口が全部で10ヶ所ある。
窓口番号は、左から@ABDFGIJ・・・と続き、ゴロの悪いC番やH番窓口は存在しない。

その中で、何といっても段違いに@番窓口の人気が高い。飛びぬけている。
長蛇の列は、@番窓口に並んでいる人達の列である。

@〜F番窓口と G番〜窓口は10mぐらいの距離を置いて左右に分かれている。
左側の売り場は、@番窓口につられてか他の窓口も混雑している。 B番とかラッキーセブンF番も人気がある。
画像




右側の8番以降売り場は段違いに閑散としている。
末広がりのG番窓口や 1並びのJ番窓口はそれなりに人がいるが、I番窓口などはガラガラだ。
画像


あまり宝くじを買ったことのないのだが、一番空いているI番窓口で5億円の夢を買った。

今度のグリーンジャンボは、収益金の中から80億円が東北被災地の義援金になるそうだ。 CMも、福島出身の西田敏行からキムタクに変わった。
  仲里依紗:「買った人しか当たらない」
  キムタク: 「待ってる間がまた楽しい」  ⇒  [キムタクのCM]  

5億円が当たったらどうしようかな?
想像するのも又楽しい




記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


トップへ | みんなの「街中暮らし」ブログ

風の里山  薩摩いなか暮らし  街中暮らしのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる